/var/log/messages

debugging with sixth sense

Linux Kernel Tester's Guide

スデに何契機だったかも忘却の彼方なのですが、以下のドキュメントを見つけていたり。

月曜朝イチからアレなのですが、ちょっと色々確認入れつつ中身のメモを控えておこうと思います。

とりあえず ketchup というツールを確認。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install ketchup

で ketchup は patch の signature のチェックができる、とか書いてありますね。つうかこれって例の patch を云々してる時に使ってたら楽だったのだろうな。

kernel.org 見てみるに mainline は 3.13 ってことなので以下を実行してみるなど。

$ ketchup 3.13-rc4

404 って言われてますね。どうも署名を探しにいってらっしゃるみたい。つうか何となく面倒なので Git でいいじゃん、って結論になりつつ (ぇ

便利な make の option

make O=/directory/ てのはちょっと知りませんでした。そいえば RasPI 対応スルーのまんまだな。あと以下の Kernel hacking option はチェック入れとけとのこと。

[*] Kernel debugging
[*]   Compile the kernel with debug info
[*]   Debug shared IRQ handlers
[*]   Detect Soft Lockups
[*]     Slab memory leak debugging
[*]   RT Mutex debugging, deadlock detection
[*]   Built-in scriptable tester for rt-mutex
[*]   Lock debugging: prove locking correctness
[*]   Lock dependency engine debugging
[*]   Locking API boot-time self-tests
[*]   Highmem debugging
[*]   Debug VM

Testing の章

以下な 4 つのアプローチがあるとのこと。

  • テスト版の kernel を使ってみる
  • LTP みたいな test suites を新しい kernel で動かしてみる
  • 何か unusual なことをしてみる
  • パフォーマンス測定してみる

む、autotest ってのがあるんですね。今度試してみます。KVM-Autotest なんてのもありますね、今度機会を見つけて試したみたいと。

Comments