/var/log/messages

debugging with sixth sense

RasPI な Kernel 作成 (4)

ようやく手が出せるナニができた。dd は無事終わっていたので RasPI に刺して電源投入。ssh では pi/raspberry で接続できました。sudo もできる模様。

そして

rt2x00usb              11492  1 rt2800usb

も認識できてて wlan0 もある。これをもう一つのにも dd でコピィして DAC が認識できるかを確認してみたいと思います。

とりあえず

Onion Router については以下を参照しつつ、ということで。あと DAC 向けに dd しててこっちも確認入れつつすすめる方向です。

これ、確か夏頃に、って思ってたはずなんですがorz

もう少し

進めてみます。

まず /etc/network/interfaces を編集して wlan0 に IP 付与。ええと自動で up しないな。最近のでびあんな作法が分からんぞorz

現状、

auto lo
auto wlan0 

iface lo inet loopback
iface eth0 inet dhcp

iface wlan0 inet static
    address 10.254.0.1
    netmask 255.255.0.0

みたくなってるのですが ifup -a でも up しない。むむむ。

時間が微妙なので

TODO を以下に列挙しつつ問題処理を。

  • isc-dhcp-server パケジ導入および設定ファイルの編集など
  • サービス起動
  • hostapd パケジ導入および設定ファイルの編集など
  • サービス起動
  • tor の導入および設定ファイルの編集など
  • サービス起動

hostapd あたりで問題が発生するのかどうか。ともあれとりあえず wlan0 の自動起動云々、というあたりから。

色々確認中

とりあえず備忘まで。

$ cat /proc/sys/net/ipv4/ip_forward
0

/etc/sysctl.conf に

net.ipv4.ip_forward=1

を追加なのかどうか。あと一時間くらいあるので hostapd まで導入して色々確認してみます。控えは別途追記を投入ということで。

追記

控えを以下に。

とりあえず raspi-config しておくか。

  • Expand Filesystem した (次回 reboot から有効とのこと)
  • Internationalisation Options から Change Localel (en_GB.UTF-8 UTF8 にチェック入ってました)
  • Internationalisation Options から Change timezone で Asia/Tokyo に

で、再起動。次に dhcp な設定ファイルを書いて起動してみたところ、以下。

$ sudo /etc/init.d/isc-dhcp-server start
Starting ISC DHCP server: dhcpdcheck syslog for diagnostics. ... failed!
 failed!

ええと、wlan0 に IP が付与されていなかったため、でした。やっぱ自動で up にできないとマズいのですがorz

引き続き構わず hostapd 入れる。設定ファイルをアレして起動したら以下。

$ sudo hostapd /etc/hostapd/hostapd.conf 
Configuration file: /etc/hostapd/hostapd.conf
Line 2: invalid/unknown driver 'rt2800usb'
Line 8: invalid key_mgmt 'WPA_PSK'
FT (IEEE 802.11r) requires nas_identifier to be configured as a 1..48 octet string
3 errors found in configuration file '/etc/hostapd/hostapd.conf'

確認してみたところ

  • hostapd は自分でソースからバイナリ作れ
  • wlan0 と eth0 は bridge 接続

って情報がありますね。続きは別途で。

Comments