/var/log/messages

debugging with sixth sense

RasPI な Kernel 作成 (5)

とりあえず firmware を入れておく。

$ sudo apt-get install firmware-ralink

スデに導入済みでした。後は以下を参考にしつつ進めます。

ブリッジ接続

以下を導入、とのこと。

$ sudo apt-get install iw bridge-utils

で、/etc/network/interfaces を云々、とのこと。

と、思いましたが

諸々面倒なのでこのまま。現状では起動のタイミングで wlan0 に static な IP が付いてる状態です。とりあえず hostapd のソース入手。

$ wget http://hostap.epitest.fi/releases/hostapd-2.0.tar.gz

あと、以下パケジを導入

$ sudo apt-get install libssl-dev libnl-dev

で、.config を defconfig からコピィして 80211N を有効に、とのこと。

$ cd hostapd-2.0/hostapd
$ cp defconfig .config

以下な部分のコメントを、とのこと。

# IEEE 802.11n (High Throughput) support
#CONFIG_IEEE80211N=y

あとは以下で良いのかどうか。

$ make
$ sudo make install

make しつつ hostapd なパケジは削除。

$ sudo apt-get remove hostapd

つうか make install したら何処に入るのかな。Makefile によれば /usr/local/bin とのこと。とりあえずこれで何とかしましょう。

で、とりあえず設定ファイルをでっちあげてプログラム起動。

$ sudo hostapd -B /etc/hostapd/hostapd.conf

IP は付与されているようです。なんか routing が上手くいってない模様。ifconfig したら wlan0 の IP が取れている。IP 付けたら AP から disconnect されたな。

tor 入れる

とりあえず端末が AP に接続できて IP はもらえるので次。

$ sudo apt-get install tor

設定ファイルを書いて iptables で云々。iptables は備忘のため控え。

$ sudo iptables -t nat -A PREROUTING -i wlan0 -p udp --dport 53 -j REDIRECT --to-ports 53
$ sudo iptables -t nat -A PREROUTING -i wlan0 -p tcp --syn -j REDIRECT --to-ports 9090
$ sudo iptables -A FORWARD -i eth0 -o wlan0 -m state --state RELATED,ESTABLISHED -j ACCEPT
$ sudo iptables -A FORWARD -i wlan0 -o eth0 -j ACCEPT

これで dig および確認くんにて 37.218.244.216 という回答がありました。あるいは

  • sudo apt-get update 正常終了
  • GitHub からの git clone も問題なし
  • ポートがデフォではない ssh 接続も OK

あたりも無問題。microB なケーブルがヘタっているので買い替えよう。

別途

OnionPi の作り方、は纏める方向で。ようやく一つ倒せたので次は DAC だな。

つうか結果てきに bridge 云々はスルーで正解だったのか。いやはや。

Comments