/var/log/messages

debugging with sixth sense

Eclipse な Project を Android Studio 0.4.0 に Import なまとめ

実機で動いて、なあたりまで何とかなったようなのでまとめを投入してみます。

前提

  • Android Studio は 0.4.0
  • Android SDK Manager から Extras にある以下が導入済みであること
  • Android Support Repository
  • Google Repository

あとは Eclipse なプロジェクトに build.gradle があれば良いのですが、Export で作成することもできるようです。

とりあえず import を

どこかに import 用のディレクトリを掘っておきます。

$ mkdir ~/Public/android-studio/hoge

で、Android Studio 側から import します。import project を選択して import 対象なプロジェクトの buidl.gradle を選択。なんとなく上手くいったカンジなのでプロジェクトのディレクトリに移動して以下なコマンドを発行してみます。

$ ./gradlew clean

BUILD SUCCESSFUL と出力されているようであれば以下を実行してみましょう。

$ ./gradlew clean aR

ここでも BUILD SUCCESSFUL と出力されているようであれば、実機を接続して実行してみましょう。

とは言え、実機が正常に認識できていれば Android Studio のツールバーにある ‘Run’ のボタンをクリックすることでアプリの起動が確認できるはずです。

署名済みな .apk を作る

build.gradle の中で signingConfig を云々すれば良いみたいなのですが出展元が忘却の彼方です。以下を追加して

    def homeDirectory="/Users/rms"

    signingConfigs {
        debug {
            storeFile file(homeDirectory + "/.android/debug.keystore")
        }

        myConfig
    }

    if (project.hasProperty('storeFile')) {
        android.signingConfigs.myConfig.storeFile = file(homeDirectory + storeFile)
    }
    if (project.hasProperty('storePassword')) {
        android.signingConfigs.myConfig.storePassword = storePassword
    }
    if (project.hasProperty('keyAlias')) {
        android.signingConfigs.myConfig.keyAlias = keyAlias
    }
    if (project.hasProperty('keyPassword')) {
        android.signingConfigs.myConfig.keyPassword = keyPassword
    }

    buildTypes {
        debug {
            signingConfig signingConfigs.debug
        }
        release {
            signingConfig signingConfigs.myConfig
        }
    }

もうひとつ、gradle.properties というファイルを追加して以下を投入。

storeFile=/.android/hoge.keystore
storePassword=hoge
keyAlias=hoge
keyPassword=hoge

キーストアとかパスワード等の情報は適宜、という事でお願いします。

てすつ

署名していないものと署名済みのものを Dropbox に投入して実機に導入してみたところ、debug.keystore なソレは導入することができませんでした。これ知らなかった (じぇじぇ

Git

とりあえず盛り込まなきゃ、な機能があるのでこちらで開発ってことにして Git 管理にしたいと思ってるのですが、何を管理対象にしなければ、なのかがアレ。

とは言え、以下は外さないと駄目ですね。

  • gradle.properties

とりあえず Android Studio と gitignore というエントリなソレをまんま使わせて頂く方向で。

ちなみに

buld.gradle から import した場合、build.gradle は必要最低限の状態になっているようなので、Eclipse から export したとしても同じ形になるのではないかと思っています。

Android Support Repository とか Google Repository 的な解決方法もですが、Eclipse からの移行の手間を軽減させる工夫をなさっているのが分かります。

Comments