/var/log/messages

debugging with sixth sense

Redis な Value で云々な事案

とりあえず以下なエントリを理解せねば、な事案が発生している模様。

いやはや。

最後に以下な記述があるのですが

  • Redis set intersection is a powerful filtering technique.
  • Use sunionstore to create new sets on the fly.
  • Redis data structures are fantastic for slicing and dicing data.

これはなかなか。つうか以下の手順もアレですね。

  • Create a new temp_set using sunionstore to group flights by departure time.
  • Intersect the temporary set with the departure and arrival sets.
  • Loop over the results of the intersection and generate an array of flight keys.
  • Use mget to fetch all the flight data.

sunionstore は複数セットの結合とありますね。これ、どんな状態になるのかを確認する必要があるな。これって Redis set intersection な図のイメージって認識で良いのかな。

この temp_set なソレがポイント、ってのは理解できてます。

ふむふむ

なんとなくなイメージでしかないのですが確かに sunionstore と sinter の組み合わせは強力なカンジ。つーことはこの組み合わせをどう使うか、がカギなのか。

Comments