/var/log/messages

debugging with sixth sense

AndroidStudio 2.0 メモ

Instant Run ですが、以下の要件を満たしている必要があるとのこと。

  • Android Studio 2.0 以上
  • Android Gradle Plugin 2.0 以上
  • ターゲットは ICS (Android-14) 以上

水曜に試した実機は 2.x 系の端末だったのかな。あと Instant Run については公式ドキュメントは以下らしい。

ええと、What’s Supported by Instant Run? なソレを確認してみます。

まず、Supported となっているのが以下なのか。

  • インスタンスメソドの実装変更
  • スタティックメソドの実装変更
  • クラスの追加とか削除とか

Activity の再起動が必要なのが

  • 文字列リソースの追加、削除、修正

とあります。ありゃ、水曜のデモでは文字列リソース修正して、な形だったということは Activity 再起動していたのかな。あるいはサポートしていないものもドキュメントに列挙されていますね。

  • アノテーションの追加、削除、修正
  • インスタンスフィールドの追加、削除、修正
  • スタティックフィールドの (ry
  • スタティックメソドのシグネチャの (ry
  • インスタンスメソドの追加、削除
  • インスタンスメソドのシグネチャの修正
  • クラスの継承関係の修正
  • 実装してるインターフェースのリストの修正
  • クラスの static initializer の修正

できないこと、はできるように改善していきます、という記述もあります。

emulator

そういえば、ということで確認してみます。N5 な AVD を作成。エミュレータ起動できなかったので IntelHAXM_1.1.5 というソレを導入してリトライしてみましたが、やはり起動はトロいですね。

つうか親端末のマシンパワーが非力に過ぎるのかな。うんともすんとも言いません。

今回の目玉

という意味では

  • Instant Run
  • GPU Profiler

の二点、ということなのかな。preview ということなので、もう少し何かの新機能が盛り込まれるのかどうか。楽しみにしておきたいと思います。

Comments